フォト

Facebook いいね!

息子たち

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ

2013年7月

2013-07-23

【男子三人夏物語3日目】集落での生活

7月23日。
男子三人夏物語、3日目の朝。

Dsc02852
↑すやすやdelicious


よく寝ている2人を見ながら、パパは仕事。
朝は進みますねーpc

6時半、どこかから大音量の放送が聞こえてきました。
なんだよー、せっかくいい感じで仕事が進んでたのに、2人とも起きちゃったじゃないかbearing

犯人は、ラジオ体操でした。
へー、こんな小さな集落でも、ラジオ体操やってるんだ。

2人とも起きて仕事どころではないので、とりあえずビーチを散策にfoot

Dsc02861
↑早朝の海。誰もいなくて静かです。


いったん宿に戻り、朝食restaurant

食事後は、再びビーチへwave

Dsc02900
↑朝よりも空の色が明るいので、それを写す海もきれいshine


Dsc02924
↑ペー1はもちろん――


Dsc02964
↑ペー2も今日はゴキゲンさんheart04

海への恐怖、初日で克服してくれてよかったーhappy01


Dsc02973
↑各自思い思いに遊びますnotes

内海で、波がまったくないので安心ですねgood


Dsc02978
↑水分補給はみかんsweat02


Dsc03079
↑2人でヤドカリ探し。仲良しですね~gemini


Dsc03072
↑2匹ビンに入れて、宿に連れて帰ることに。


パパ「名前はどうする?」
ペー1「きゃききゅけきょちゃんと、ソラシドエアーくん!」

――だそうですsmile

去年のヤドカリは何て名前だったっけ?
と思って調べたら、「テトラポットくん」でしたsmile
こちら

つくづく、ブログって便利ですなぁ。

宿に戻り、シャワー。

Dsc03092
↑セクシーショットwink


その後、お部屋でお絵かきタイムpencil

Dsc03101
↑なぜハダカsign02

昼過ぎ、街に買い出しに。

Dsc03114
↑集落のバス停にて。

バスは1日6本bus
これだけあれば十分ですね。

レンタカーって、実はいらないんじゃない?

Dsc03167
↑バスからの風景もきれいです。

スーパーでは、なぜか2人ともハイテンションup


Dsc03161
↑何の踊り?


Dsc03148
↑走るペー2を抑えようとするペー1run


さすがお兄ちゃん、エライ!

まあ、この数分後にはペー1も走り出して、大追いかけっこ大会になっちゃんだけどねwobbly

帰りのバスでペー2はダウン。
宿に戻っても、そのまま寝てましたsleepy

Dsc03182
↑お兄ちゃんはなぜか編み物に夢中wink

ペー2が起きて、「おさんぽいきたい」というので、3度目の海へ。

Dsc03196
↑今度はただのお散歩だから、服のまま。


Dsc03212
↑でも、やっぱり水を見ると、入りたくなっちゃうよねhappy01


その後、宿の母屋で夕飯。

Dsc03218
↑さっきスーパーで買ってきたお惣菜を食べますriceball


オーナーは不在のことが多いのですが、母屋は自由に使っていいと言われています。
他のお客さんもいないので、貸切状態scissors

Dsc03224
↑走り回っても平気ですrun


Dsc03231
↑さっきの大追いかけっこ大会がまた始まりましたcoldsweats01

夕飯後、夏休みの宿題の一つ、「夏の大三角形を見る」をやりたいというので、今日4度目のビーチへ。

満月を過ぎたばかりで、月が明るすぎて星はあまり見えず。
ということで、星座観察は2週間後の新月のころに延期することに。
そのころは種子島にいるころかぁship

何だかとうちゃん、今から旅の終わりを考えて切なくなってきたbearing

このままずーっと、旅して生きて行けたらいいのにな。
でも、それじゃ旅が日常になっちゃうのか。それはいかん。
年に1カ月ぐらいが、ちょうどいいのかもしれません。


そんなおセンチなパパを尻目に、ボーイズは生き物鑑賞。

Dsc03244
↑ペー1「カニがいたよ~flair


いやはや、1日に4回もビーチに行くなんて。
よく遊んだ1日でしたhappy01

ちなみにこの宿には4泊の予定。

失態が発覚してすぐにママに免許を送ってもらい、今日さっそく届いていたのですが、ここにいる間はレンタカーはいらないな。

ここでの4泊は、集落での生活を、肌で感じることに決めました。
明日は何が待ち受けているのか、楽しみですshine

2013-07-22

【男子三人夏物語2日目】まさかの大失態! めげない3人

今日のBGMはこちら!


↑Stranger than fiction:事実は小説よりも奇なり。

7月22日。男子三人夏物語2日目です。
奄美大島に向かうフェリーで、朝を迎えたのでした。

朝4時すぎ。

「間もなく奄美大島名瀬港に到着します。下船のお客様は準備をしてくださーい」

という放送とともに、電気が点けられました。

まぶしい~flair

もう少し寝たいなぁ、と目を閉じていたら、

Dsc02336
↑「パパ起きて! もうすぐ着くってよ」
と、ペー1(6歳)に起こされました。


うーん、あと10分寝たかったbearing
でも、ウキウキな様子のペー1を見てたら、こっちも目が覚めてきたぞ。

よし。
じゃあ、準備をしますかね。
実は、昨日大失態が発覚しまして…
今日はレンタカーではなく、バス旅なのです。

どんな失態かというと・・・

昨日の出来事。

奄美のレンタカーをまだ予約してなかったので、予約のために電話をかけました。

直前だけど、空きあるかな??

「ありますよ。では、免許証の番号を教えてください」
と係のお姉さん。

はいはい、免許ね。
財布さいふっと。



よし、あった。
えっと、免許は確かここに・・・



あれ??



ない???



まさかね・・・



いや、そんなのありえないでしょsign02



だって、離島だよ。
しかも、子連れだよ。
子連れの離島の旅に、車がなかったら困るよねぇ。。。



しかし、事実は小説よりも奇なり。

その“まさか”が、起こってしまったのですcoldsweats02

いや、確かに心当たりはあるのです。
先週、何かの申し込みに免許が必要で、保険証と一緒にスキャンしたんですよ・・・

きっと今も、スキャナのフタの下でひっそりとしてるんでしょうね。。。。
はぁ。。。

ペー1に免許を忘れたっぽいと告げたら、
「もう何やってんの! 本当にパパは忘れん坊なんだから」
と怒られる始末annoy

――はい。何にも言い返せませんです。

そんなことがあったので、今日はバス旅なのです。

でも、こう見えて気持ちの切り替えは大得意wink
なんか、大丈夫な気がする。
と、根拠のない自身が湧き出てきましたspa

Dsc02338
↑ペー2はまだ爆睡。
隣の人の布団にはみ出してますがな。。。

そうこうしているうちに、船は奄美大島の名瀬港に到着しました。

Photo
↑予約している宿は、島の南端。


宿のホームページによると、バス2本を乗り継げば行けるらしいbus
よし、何とかなりそうだ。

地上に降りたらそっち方面のバスがちょうどいたので、飛び乗ることにしました。
乗った途端出発。グッドタイミングgood

バスに揺られること1時間半。
6時半に南の港町、古仁屋に到着。

Dsc02361
↑2人でスーツケースを運んでくれました。

ここでバスを乗り換えるのです。

でも、こんなに早く行っちゃっていいのかしら?
宿に電話で確認したら、「10時以降に来てくれ」とのこと。

つまり、4時間待ち。

Dsc02389
↑周辺を散策しようにも、この荷物だし・・・

Dsc02382
↑海を眺めるボーイズheart04


でも、よく考えたら車がないと食料の買い出しにも行けないのか。

(節約のため素泊まりなのです。しかも、泊まるところ周辺にはお店もない)

そこで、近くにあったスーパーの開店を待って、食料を買いに行くことに。
荷物は仕方ないので、全部持って行きましたよ。

Dsc02452
↑スーパーにて。

Dsc02441
↑その後も周辺をブラブラ。

コンビニで時間をつぶしたり、港の待合所でテレビを見たりして過ごしました。

そしてそして。
ようやくバスの時間。
期せずして4時間もいた古仁屋港に別れを告げ、宿に向かいます。

Dsc02480
↑ごキゲンnotes

20分ほどで到着~
運転手さんが、バス停ではなく宿の前で下ろしてくれました。

今回の宿は、家が20軒ぐらいしかない集落にあります。
つまり、観光客の姿は皆無。

リゾート地はあまり好きではないので、Google Earthで人里離れた場所を探して、予約したのです。
着いてみたら、まさにイメージ通りの場所でしたscissors

お部屋はこんな感じ。

Dsc02503
↑小さな一棟貸しのコテージです。

中は、10畳ほどの板張りの部屋に、押入れとトイレと小さなテーブルがあるだけ。

部屋に冷蔵庫はないものの、母屋の冷蔵庫を自由に使っていいそうな。
洗濯機もご自由にとのこと。
お風呂は離れに。

ビーチまで徒歩10秒というロケーションも、Goodじゃないですかscissors


ペー1が「早く泳ぎたい!」というので、すぐに準備。

Dsc02510
↑あっという間に部屋が荒れているのはご愛嬌bleah


そして、ビーチに出ると、目の前にはエメラルドグリーンの海がshine



あれ?

Dsc02530
↑なんか、いまいちじゃね?

それでも泳ぎたいというので、とにかく入ることに。

Dsc02663
↑楽しい~notes

ペー1は慣れたものですが、ペー2(2歳1カ月)が嫌がって全然ダメ。

Dsc02567
↑泣き止みませんcrying


でも、「大丈夫大丈夫。パパそばにいるからねー」と素知らぬふりで遊んでいたら、そのうち寝ちゃった!

Dsc02610
↑この光景、なんか懐かしいぞsmile

そういや沖縄でも、毎日海の上で寝てたっけ。
このあたり参照)

去年の記憶が、鮮やかによみがえったのでしたhappy02

しばらくそのまま遊んでいたら、目が覚めた時にはご機嫌になっていましたよ。

Dsc02671
↑やっと笑顔を見せてくれましたheart04

Dsc02696
↑しばし仲良く遊びました

そして、遊び疲れたので宿に戻ります。

Dsc02748
↑この草むらの向こうが宿。

シャワーを浴びて部屋に戻ると、2人ともバタンキューsleepy

そりゃそうだよね。
飛行機→船→バス→バス待ち4時間→バス
でやっと着いたんだもん。

長い昼寝になり、起きたらもう夕方。
特にやることもないので、再びビーチへ。

どうやらさっきは引き潮だったらしい。
今度は塩も満ちていて、それなりにキレイなビーチでした。

Dsc02815
↑石を投げたり――

Dsc02838
↑ヤドカリを見つけたり。


シャワーを浴びて部屋に戻り、スーパーで買ってきた夕飯を食べ、就寝。

あんだけ昼寝したからなかなか寝ないかなぁと思っていたのですが、2人ともすぐにぐっすりsleepy

パパは起きて仕事。

・・・のはずが、無理でしたsad

そんな2日目。
ありえない大失態を犯したものの、そんなにダメージを受けていない3人なのでした~note

次はどんなトラブルが起こるのか、請うご期待ですbleah

2013-07-21

【男子三人夏物語1日目】旅のはじまり

7月21日、男子三人夏物語初日。

待ちに待った夏休み!
今年も旅に出る季節がやってまいりました。

朝からボーイズ大興奮!!

Dsc02067
↑羽田に向かう電車にて


Dsc02077_2
↑空港でママにバイバイ


9時55分のソラシドエアーで出発。


飛行機で歩き回らないか心配だった魔の2歳。
静かとは言わないまでも、こちらの作戦勝ちで、それなりにおとなしくすごしましたよscissors

どんな作戦かというと、

Dsc02092
↑お菓子や――


Dsc02116
↑ジュースや――

Dsc02148
↑おもちゃを小出しにする作戦。

1個当たり10~20分持たせれば、国内線なんて余裕余裕。

Dsc02169
↑あっという間に、九州が見えてきました。

ペー1はさすがに6歳なので、黙っててもそれなりにおとなしくしてました。

12時ごろ、鹿児島到着。

Dsc02185
↑ようこそかごんまへ

バスで市内へ向かいます。

Dsc02205
↑2人とも寝ちゃった

この後は、18時のフェリーで奄美に向かうのですship
それまでの5時間ぐらいは暇なので、市内観光でもしますかね~。

市内に到着。
ぱっと目に入ったのは、デパートの屋上の観覧車。
満場一致で、乗ることに。

Dsc02215
↑バカと煙はなんとやら。


Dsc02232
↑ペー2「あ、ふじさん!」fuji

・・・桜島ですからcoldsweats01

観覧車終了~。
ぼちぼち市内観光でもしますか。

デパートに戻ると、縁日のようなものが。

Dsc02280
↑当然こうなりますよね・・・


その後もすっかりデパートの術中にはまり、

――ピアノ売場

Img_2203
↑あの、市内観光は・・・


――ゲーセン

Img_2235
↑ですから、市内観光・・・




などなど。。。
結局デパートから一歩も出ずに、港に向かう時間になってしまったのですbearing

・・・えっと、市内観光って何だっけ?
ま、いっか。

Img_2283
↑港に向かうバスを待つボーイズ。背中がとっても仲良しheart04

Img_2328
↑港に着きましたbus

17時半、乗船。

Img_2338
↑でっかいフェリーですship

Img_2345
↑桜島とはしばしの別れfuji

船室はもちろん2等。
雑魚寝部屋なので、ほかのお客さんの迷惑にならないようにね。

またしても、

Dsc02325
↑お菓子や――

Img_2394
↑飛行機で買った3Dパズルなど。

と、何とかおとなしくさせる努力を。

まあ、おとなしくはなかったけど、何とか許容範囲だったかなwink

そして21時、消灯。
5分後には2人ともぐっすり眠りに就きましたsleepy

そんなこんなで、初日が終わった感想。
疲れたbearing

その一言に尽きます。
まあ、今日はでっかい荷物を持って移動だったからね。
明日奄美についてレンタカーさえ借りちゃえばこっちのもんさっgoodgoodgood

それに、初日でいろいろと懐かしい感覚がよみがえってきました。
そう、この旅では観光なんてしようと思っちゃいけないんです。

観光なんて親の都合。
子どもたちにとったら、そりゃゲーセンの方が面白いわけですよ。

だから、すべてを委ねてみることに。
去年も、沖縄でカラオケに行ったりして、そういうのが無性に楽しかったんだよなhappy01

そう、とにかくボーイズの赴くまま進むからこそ面白いbleah

しかも今年はペー2(2歳1カ月)も自己主張をするようになったので、去年の10倍大変coldsweats02
それぞれやりたいことが違うので、毎度兄弟げんかが勃発impact

いやはや疲れます。

でもねー、上のバス待ちの写真みたいな光景を見てると、やっぱり嬉しくてね。
ケンカもするけど、基本はやっぱりお互いが大好きみたいgemini

親として、こんなに嬉しいことはないですね。

ということで、奄美大島には朝5時到着予定。
それまで少し寝ます。

お休みなさ~いshine


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【過去の記事】

0日目:いよいよスタート! ~鹿児島の旅~
1日目:旅の始まり

2013-07-20

男子三人夏物語2013! ~ 鹿児島の旅 ~

男子三人夏物語2013スタート!

今日のBGMはこちら♪


↑テーマソングですので。
今年もエビちゃんに会えるかな?

皆さま、大変ごぶさたしております!
人間、一度さぼり始めるとダメですねぇ。
いろいろ重なり、なかなか書く時間がなく・・・

――というのは言い訳ですね。
時間というよりは、書く情熱が奪われてしまったというのが本音でしょうか。

だって、今とは時間の制約がくらべものにならなかった、「フリー」「育休なし」「ゼロ歳児抱えて仕事」「兄は赤ちゃん返り全開」の時代に、毎日ブログ書けてたんですから。
当時は自分の中から湧き上がる情熱があったということでしょう。

そして今の自分がいて。

最近は、ちょっと疲れちゃったといいますかね。
念願の本を出したと思ったら、読みもしない人から批判を浴びて。
そんなことがあるのは出版セミナーで先生からも言われていたのですが、実際に身に降りかかってみるとやっぱり落ち込んで。
「数日間何も手につかなかった」って先生がおっしゃってたんですが、まさにそんな感じでしたよ。
いや、数日間どころじゃなかったか。

でも、マイナスなことは考えても仕方ないですね。
プラスのことも、数えきれないほどありました。
本を出したおかげで、本当にいろんな出会いが増えたし、人前でお話させていただく機会も増えました。
ラジオ・新聞・WEB・テレビなども、いろいろやらせていただきました。
いやはや、ありがたやありがたや。

それに、書けなかった理由は、実はそこではないんです。
どちらかというと、ペー1(6歳)の小学校。

入学前はやる気満々だったのですが、入ってみたらなかなか馴染めなくて。
最初の2週間で、3回も休んじゃったんです。
それで先生といろいろやりとりしているうちに、私の方がすっかり自信をなくしちゃってね。

こんな子育てを世間に公開してていいのか? って感じで、書けなくなっていたんです。
それに、上記の批判みたいな出来事も重なって、気持ちがネガティブになっていたのかな。

今思えば、堂々としててよかったのだけれど。

そんな風に、ツラい幕開けだった小学校生活も、本人の努力のかいあって、最近は休まずに通えるように。
本当によく頑張ったよなぁ、ぺー1。
成績なんかはどうでもよくて、がんばったペー1を、パパは誇りに思います。

ペー2は相変わらずいつも笑っていて、毎日癒されてます。

ということで、だいぶお休みしておりました在宅翻訳家の兼業主夫的生活。
皆さまお元気でしょうか。

私は今、船の上でこれを書いています。
ボーイズは隣ですやすや。

え、どこに向かっているかって?
南ですよ!

そう、待ちに待った、男子三人夏物語が始まるのです。
誰が待ちに待ったって、私がです!
そしてきっと、ボーイズも。

3人で沖縄に行ったのが去年の6月。
あれからもう1年たつんですね。

でも、そんな年月を感じさせないほど、あの時の記憶がはっきりと脳裏に焼き付いていて。
今でも目を閉じると、波の音やサトウキビ畑の音、見上げた星空、息子と交わした会話・・・・
何もかもが、はっきりと思い出せるのです。

ボーイズもボーイズで、ビギンの歌をかけると今でも踊りだします。
いちばんのお気に入りは「オジー自慢のオリオンビール」。
あの民謡居酒屋に行ったのも、まるで昨日のことみたいだもんなぁ。

そう、旅は人をひきつけてやまないのです。
いや、一般化しちゃいけないな。

旅は、私たち3人をひきつけてやまないのです。

だから今年も、旅立つことにしました。
題して、「男子三人夏物語2013」! (←特にひねりなし)

去年は「ペー1の自立のため」とかって大義名分を掲げていたんですが、今年はもうそんなのどうでもいいや。
とにかく、去年が本当に良かったので、今年も行く。
それだけ!

どんな旅が待っているのか、本当に楽しみです。

今年の行き先は、鹿児島の島々に決めました。

3週間ちょっとで、奄美大島、種子島、屋久島あたりを巡ります。
今回は途中10日間ほどママが来るので、実質男子三人は2週間弱の予定。

そして今は、初日が終わって、鹿児島から奄美に向かっているところ。

実はあまりリサーチの時間が取れなくて、奄美は最初の宿しか予約してません。
そこがよかったらそのまま滞在するし、ほかにいいところがありそうだったら適当に。
そんなスタイルの旅。
まあ、なんとかなるでしょう。

すでに初日が終わったわけですが、初日から大失態が発覚しまして・・・
詳細は明日以降のブログで書きますが、いやはや、先が思いやられます。

まあ、事実は小説よりも奇なりっていいますからね。
これからどんな珍道中が待ち受けているのか??
男子三人夏物語2013、トラブル満載でお届けしますので、どうぞお楽しみに~

今日は文字のみでしたが、明日からは写真たっぷりで書く予定です!

« 2013年5月 | トップページ