フォト

Facebook いいね!

息子たち

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013-04-06

それぞれのNew Life その2:長男、入学前の急成長!

またまた間が空いてしまいましたが、前の記事からの続きです。

【4月4日(木) 学童2日目】

昨日の学童初日には友達を5人作ってきたペー1(6歳)。

「まだ慣れないだろうから、今日も送ってこうか?」

と言うと、

「ううん、ひとりで行くから大丈夫

と即答


Dsc08454
↑あっさり、「行って来まーす」と元気に出て行きました

玄関で我が子を見送る日が来るなんて

何なんだこの成長っぷりは
先週まで保育園に行っていたヤツとは完全に別人。
すごすぎです。

そして17時15分、帰宅の時間です。
今日もパパはそわそわ。

ガチャリ
タタタタタ・・・・

注目のひとこと目は、

「今日は問題集1冊終わらせたよー」

でした。
友達は10人にならなかったらしいけど、
問題集を2日間で1冊終わらせるとは。
どんだけやる気満々なんだ

(学校のない日の学童は「自習タイム」があるので、宿題がなければ問題集を持参するのです)

【4月5日(金) 学童3日目】

「今日はランドセルしょって行きたいなぁ」とペー1。

月曜日の入学式が待ちきれない様子

でも、なんとなくランドセルは入学式の朝まで取っておきたかった(親のワガママです)ので、
とりあえずリュックで行かせました。

ちょうどペー2(1歳9か月)の登園時間と重なったので、3人で出発。

表に出るなり、

「あ、○○ちゃんだ! ○○ちゃん、一緒に行こう~。パパばいばーい

と、あっさり。
ホントにスゴイ

もう全く心配いらなくなった我が子に、本当に寂しさを覚えつつ。
でも、これからペー2がイヤイヤ全開で大変な時期だし、ちょうどいっか

なんて思っていたのです。

Dsc08482
↑おかげでペー2はゆっくり歩いて登園

ところが

つづく

2013-04-03

それぞれのNew Life その1:長男、学童入室

今日のBGMはこちら

4月に入って、仕事が落ち着きました。
本を読んだりする時間が増えるかと思いきや。
寝ることに忙しい毎日が続いています

年度末ドリンク剤に依存しすぎた反動でしょうか。
それとも、春眠だから暁を覚えないなのでしょうか。

とにかく、眠すぎて何も出来ない日々。
きっと、身体が休息を欲しているのでしょう。
身体に正直に、寝ることにしてます

そんなわけで、だいぶ間が空いてしまいました。

それぞれのNew Lifeが始まり、いろいろあった2週間。
少しずつ振り返っていきたいと思います。

【4月3日、ペー1学童初日】

2日まで千葉のじじばば宅に行っていたペー1(6歳)。
みんなから2日遅れて、学童入室です。
学童には、保育園からのお友達が1人いるだけ。
あとはみんな、知らない子たちです。

環境の変化になかなかなれないアイツのことだから、
また慣れるのに時間かかるんだろうなぁ。

なんて思いながら、初日なのでとりあえず送って行きました。

Dsc08350

入口で、名残惜しそうに何度もこちらに手を振るペー1。

やっぱりそう簡単にはいかないよなー。
今回は、半年ぐらいで慣れてくれるかな。
大丈夫。パパはいつまでも付き合ってあげるから。

なんて思いながら、手を振り返したのです



夕方。
今日は、17時の集団下校で帰ってくる予定。
1人で家に帰ってくるなんていままでにない経験なので、30分前ぐらいからパパはそわそわ。

お弁当食べたかな?
友だち出来たかな?
ちゃんと帰ってこれるかな?
先生に自分の家の場所言えるかな?



そして、5時15分。

ガチャリ

玄関を開ける音が。
父ちゃんソワソワ歩き回っていたんですが、さっと座って仕事してるフリ

タタタタタタ・・・

お、この足音は、ゴキゲンな証拠だ

そして、注目のひとこと目は――

「友だち5人できたよー。明日は10人できるかなー

ですって。
もうパパ感激

そうかそうか、友達できたか。
よかったよかった。
心配いらなかったんだね。
もう、2年前の入園当時とは違うんだね。

Dsc08357
↑得意げな表情

その後2人でペー2(1歳9か月)のお迎えに。

Dsc08365
↑終始ゴキゲンでした

いやはや。

家で仕事してたら、「ただいまー」って帰ってくるなんて。
そして、初日から友だち5人もできるなんて。

この6年間をすべて見ているだけに、とてもとても感激したのです

子どもって、時が来れば勝手に成長するのね

急に「その時」が来て、嬉しいやら寂しいやら。
複雑な気持ちの父なのでした

入学式は4月8日。
この勢いで、すぐに慣れてくれるかな

つづく

いま(4月12日)思い返せば、「その時」はまだまだ来てなかったのだけれど・・・

2013-04-01

次男(1歳9か月) 歩いて登園、はじめました♪

3月29日(金)で、ペー1(6歳)は保育園全日程を修了しました~

Img_0798
↑2011年4月1日 入園式当日

Dsc07964
↑2013年3月29日 保育園最終日。ずいぶん成長しました


4月からは学童&小学校に通うので、送迎は不要になります。
(寂しい~~~

日本に帰国した翌日に保育園入園。

あれから、毎日手をつないで歩いた2年間。
ズル休みもしたっけ。
楽しかったなぁ。

特にこの1年は、ペー2(1歳9か月)が別の保育園に入園したため、2ヶ所の送迎をしてきました。
大変ではなかったというとウソになりますが、それもまた楽しかったです。

さて週明けの4月1日。
お兄ちゃんは送りが不要ということで、ペー2は初めて、自分の足での登園にチャレンジ!
(今まではベビーカーか抱っこ)

なぜこんなことをするのかは、こちら
自分の足で向かうこと、つまり「やらされ感」をなくすことを大切にしたいのです。

大人でも15分かかる道のりのため、余裕を持って35分前に出発

Img_3365
↑途中まではママも一緒


行き先は分かっているようで、誘導しなくても、きちんと保育園に向かって歩きます。

Img_3413
↑グングン歩く1歳児


Img_3429
↑結構楽しそう

最終的には、登園時間に間に合わず時間切れ。
最後の1割ぐらいは抱っこで向かいました。

Img_3448
↑でも、階段は自力で

あと5年間も通う保育園。
これからいろいろあると思うけど、大好きでいてくれると嬉しいな

今までどうしてもペー1中心になっていましたが、これからはペー2の意思を尊重していきたいです

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »