フォト

Facebook いいね!

息子たち

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 次男1歳6ヶ月 成長の証し ~ 寂しさの芽ばえ ~ | トップページ | 「子連れという自由」を! ― 『ベイビーパッカーでいこう!』 おぐにあやこ著 »

2013-01-16

「主夫あるある」の行間に込められたメッセージ ― 『プロチチ』第2巻

パパ情報サイト「パパスイッチ」さんから、マンガ『プロチチ』の2巻をご献本いただきましたshine
パパスイッチさん、ありがとうございますnote

Dsc00973
↑「プロチチ」=「プロの父」、つまり子育て主夫のお話です。

たいへん遅くなってしまったのですが、感想を書かせていただきますね。
献本はいただきましたが、お金をもらっているわけではないので、正直に書かせていただきますよ~bleah

(1巻のレビューはこちら

【主夫あるある/主夫の妻あるある】

いや~、主夫という同じ立場から読ませていただくと、「あるある」の連続。
思わず「うんうん、そうだよね。わかるよわかるよ~」と言ってしまいますsmile

ネタばれになってしまうのであまり書けませんが、例えばこんなの。

例えば、保育園の見学にパパ1人で行ったら、皆の視線がコワいとか。 ←主夫あるある

例えば、
「忙しくてほとんど一緒に過ごせないけど いつも子どもを想っていて
たまの休みにはしっかり心が通じ合う そんな母親になりたいのよ」
というママの言葉とか。 ← 主夫の妻あるある

きっと、丹念に取材してるんだろうだなぁ~と思いながら読ませていただきました。
著者は女性ですよね。身の回りに主夫家庭がいるのかな。ご自身がそうなのかな?

逢坂さん、もしネタに困ったら、うちを取材してください!
うちにもあるあるたくさんありますよwink

【子どもがかわいい】

この子、相変わらずかわいいです。
1歳の設定なのですが、やっぱりうちのペー2(現在1歳6ヶ月)と重ねあわせてしまうんですよね~。

Photo
↑にこっhappy01

いやー、この魔法のような笑顔heart04
(完全親バカモード)

どちらの成長からも目が離せませんなchick

【行間(コマ間?)に込められたメッセージ】

と、主夫目線で読んで、とっても楽しい内容です。

翻って。

世の中の主夫の少なさを考えたら、多くの読者は主夫じゃないわけですよね。
主夫でない人も、「ふーん、こんなカタチもあるのね~」と言いながら読むのかな。

でも、著者の意図するところは、それだけじゃない気がします。
行間ならぬコマ間から、メッセージがふつふつと伝わってくるのです。

例えばこれ。

「仕事もしながら育児もしたい」という多忙な編集者の妻に対して、プロチチはこう言います。
「だったら辞めればいい。別の仕事に変えろ」と。

それに対して妻、
「編集者は私の夢だったの。やりがいがあるの。それを簡単に辞めろだなんて言わないで」
「あなたにはわからないのよ。あなたが辞めてきた仕事とはちがうのよimpact



あーあ、言っちゃった。
って感じですよね。

(夫は持病が原因で数々の仕事を渡り歩き、けっきょくどこでも頼られることなく辞めた経歴の持ち主です)

もう1つ。

社会との接点を求めて本屋さんでバイトを始めたプロチチ。

ある日、保育園から発熱の電話。
どっちが迎えに行く?
というシーン。

(電話にて)

妻「熱?大変じゃない。どうしてすぐに行ってあげないの?」
夫「仕事中だから」
妻「仕事と息子どっちが大切なの?」
夫「もちろん息子だ。それは君も一緒だろう。だから、君が迎えに行ってくれ。君の仕事がボクの仕事より優先される理由はないはずだ」
妻「でもね。理由はあるわ。・・・・それは、『金』よ。あなたの収入と私の収入、どっちが家計に貢献してると思うの?」



あーあ、言っちゃったbearing

ってな感じで、「これ女に言われたらキツイっしょ」って言葉がたくさん出てきます。

でもね、そこでよーく考えてみてほしい。

「男が女に言われたらキツイ言葉」って、「女が男に言われたらキツくない」んでしょうか?

胸に手を当てて考えてみてください。
もしかして貴男、日常的にそういう発言してるんじゃないですか?
直接言葉にはしてなくても、心の中でそう考えてるんじゃないんですか?

著者が、コマ間からそう語りかけてくるのです。

敢えて性別を逆転させて言わせることで、普段何気に口にしている言葉の暴力に気付いてほしい。
そして、心の奥にはびこっている「男とは/女とは」という固定観念に気付いてほしい。

そういうメッセージなんだと私は思います。

なので、やっぱり対象読者は私たちのような主夫家庭だけではなく、一般的な家庭の夫であり、妻であり。
そんな気がしてならないのですよ。

こりゃ、3巻も楽しみだheart04

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

« 次男1歳6ヶ月 成長の証し ~ 寂しさの芽ばえ ~ | トップページ | 「子連れという自由」を! ― 『ベイビーパッカーでいこう!』 おぐにあやこ著 »

0_主夫のキモチ」カテゴリの記事

読書録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1558288/48775186

この記事へのトラックバック一覧です: 「主夫あるある」の行間に込められたメッセージ ― 『プロチチ』第2巻:

« 次男1歳6ヶ月 成長の証し ~ 寂しさの芽ばえ ~ | トップページ | 「子連れという自由」を! ― 『ベイビーパッカーでいこう!』 おぐにあやこ著 »