フォト

Facebook いいね!

息子たち

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012-09-30

文京パパスクール開講 / 保育園でJazzライブ♪ ~ 前編 ~

今日は、なんだか最高の一日でした。
幸せな気持ちってこういうことなのかなって。

午前中は、私が代表を務めるファザーリングジャパン文京支部(FJB)の「文京パパスクール」でした。

FJBとしては、6/16の支部設立イベント以来初のお仕事。
区からの受託を受け、地域のパパ・ママの育児力アップ&交流促進を目的に、全3回の講座を実施します。

今日はその記念すべき第1回。
メンバーのKさん夫妻による「おもしろ夫婦マジックとパパ交流ワークショップ」です。

Dsc01708
↑ペー1(5歳)と一緒に参加しました


Dsc01714
↑駒込地域活動センターにて。キレイな施設でした


最初は私から、FJBについて5分ほどお話し。

その後、いよいよ夫婦マジックのスタートです

Dsc01759
↑日本初!? おもしろ夫婦マジック

Dsc01773
↑絵本から突如現れた飴ちゃんに群がる子どもたち


「タネとシカケしかない」マジックを3種類披露した後、実践編へ。
パパ・ママも必死で覚えていました

でも、お子さんたちもタネを知ってしまったので、家ではもう使えないかも

マジックの後は、交流ワークショップ。
講師のKさんは、元小学校教員。
子どもたちがお互いの名前も知らないのに仲良くなって行く姿を見て、「大人だって同じようにやれば仲良くなれるはず!」と考案したゲームを3つやりました。

Dsc01781
↑ワークショップの風景。

するとどうでしょう。開始前は緊張した顔だったパパ・、ママたちが、終わるころにはみんな笑顔
お互い知らなかった同士なのに、2時間のうちにこんなにも笑顔で会話が楽しめるなんて、本当に素晴らしいことだと思いました。


Dsc01785
↑初めてママなしで外出したという9か月のベビちゃん。

ワークショップ中、私が抱っこさせてもらっていたのですが、終始ゴキゲンでした
パパが楽しそうだったから、その楽しさが伝わったんでしょうね

(写真は顔出しの許可をいただいております)

そして最後に、グループ内で自己紹介。
最後に自己紹介なんて、面白いですよね。
でも、マジックやゲームで緊張をとっぱらった後だからこそ、皆さんの自己紹介が頭に残るんですよね。

本当に、すばらしいワークショップでした

最後にまた、私から〆のあいさつ。
子育てはひとりでするものではない。
1人で抱え込んで苦しいツラいと思っていては、必ず子供に伝わってしまう。
こうやって、地域のパパ・ママを巻き込んで、皆で楽しくやっていきましょうとお話しさせていただきました。

(私も子育て真っ最中でいろいろ試行錯誤をしているところなので、偉そうなことは言えないんですけどね


これをきっかけに、参加したパパ・ママの間で交流が生まれ、少しでも楽しい子育て時間が増えるといいなと思います。
パパ・ママが楽しそうなら、子どもも絶対楽しいと思うから。
そして、笑顔があふれる文京区にしていきたいと、心から思います

第2回は10/21(日)。区内の認可保育園代表による「パパのための児童心理学講座とバルーンアートワークショップ」です。

Papaschoolbaloontel

とってもためになる話が聞けそうです。
そして、風船をひねりにも来てくださいね。
意外と簡単にできる上に、子どもたちの注目度も抜群ですよ

場所は同じく駒込地域活動センターです。

詳細はこちら


午後は区内の保育園で行なわれたJazzライブに参加しました

Dsc01850

長くなってしまったので、また書きますね。

こちらも、終わった後に、本当に幸せな気持ちになれたイベントでした

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:81位」!!
今後とも、応援よろしくお願いします♪

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2012-09-22

屋内ランチピクニック☆ / ワラビーの目指すもの

今日は、文京区の新感覚子育てサークル「ワラビー」のピクニックでした

ワラビーについてはこちら

パパママ、じじばば、子どものありなしにかかわらず、子育てに興味のある人なら誰でも入れるサークルで、地域における「ナナメの関係」を築くことを目的に、月に1度の交流会を開催しています。

今日のピクニックは、その第3回イベントです。

小石川植物園でのピクニックを予定していたのですが、前日の予報で、雨かもしれないとのこと。
そこで、事前にご協力を申し出てくれていた江戸川橋の認可保育園「日本興亜スマイルキッズ」で開催させてもらうことになりました。

会場をお貸しいただいた内山さん、本当に感謝です

今回の参加者はこんな感じ。

パパママ+子: 9組
ママ+子: 2組
パパのみ: 1人

Dsc00789
↑合計 12組34名が参加。
今日も賑やかな会になりました

基本的にランチは自分の分を持参して、一品だけ皆でシェアできるものを持ちよるという形式。
負担を軽くするため、持ち寄りは、手作りでも買ったものでもOKです。

Dsc00791
↑写真はイマイチですが、どれもおいしかったです

毎度のことですが、特に何をするわけでもなく、ただ子どもを遊ばせながら話すという、ゆるーいスタイルで時が過ぎます。

それだけのことですが、こうして回を重ねていくうちに、だんだん親同士、子どもたち同士の関係が築けているのを実感しています

402594_347768158647345_946852656_n
↑ペー2(1歳3ヶ月)は、なぜか大泣き
パパ友shingo7072さん撮影)

ワラビーを構想したのが5ヶ月前。
そして、発足から約2ヶ月。

最近もう一度、その存在意義について考え直しています。

そんな折、FJ代表の吉田さんが、とってもいいことを書かれていたので紹介します。





弟子「では、どうしたらいいんですか?」

わし「やはり人と人との絆を強くすることだ。
   それによって、
   自己責任の重みから
   少しでも解放されるのではないか。
   負担を軽くすることができるのではないか。
   例えば、話をできるだけでもいい、
   悩みを伝えられたらなおいい。
   子どもを相互に預け合えたりできれば、
   お互い迷惑をかけ合いつつという感覚もできる。
   自分で、もしくは夫婦で、
   すべて子育てしなければならない
   という状況から抜け出せよう」

弟子「迷惑をかけ合える関係ですか?」

わし「そういうことだ。
   これまで、“人と関わらない”ことが
  “生きやすい”と思っていたのではあるまいか?」
  
弟子「そうですね。
   なるべく人と関わらないようにして、
   迷惑をかけないように、かけないように、
   という感覚が強かったような気がします」

わし「そうではなく、
   これからは、“人と関わる”ことが、
   “生きやすい”世の中になるように努力すべきだな」

弟子「人と関わることが生きやすいか~」

わし「そうだ。だから、迷惑をかけてもいい。
   それは、お互い様なのだから。
   もちろん節度は保つべきであろうが、
   人と人のつながりを、絆を強くすることで、
    乗り切れるのではないだろうか」



(全文はこちらからご覧ください → NHK大阪「子どもを守れ!」コラム「つながりを大切に」


そう、私のやりたかったのは、まさにこんなこと。

ひとりで抱え込まず、相互に迷惑をかけあえる関係。
それをこのサークルで築けたらなと思っています

次回は10/20(土)にハロウィンパーティの予定です

リベンジで小石川植物園開催にしようかと相談中。
区外からの参加も大歓迎なので、ご興味のある方はご連絡くださいね

引き続き、応援よろしくお願いします


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:56位」!!
今後とも、応援よろしくお願いします♪

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2012-09-18

地域に暮らす

季節の変わり目。
風邪などひかれてませんか?

我が家のボーイズも、交代で熱を出し、このところしょっちゅう小児科のお世話になっております

今日は、ペー2(1歳2ヶ月)が発熱のため、保育園を休ませました。
ペー1(5歳)は元気に保育園に行ったので、久しぶりにペー2と1日デートです

午前中は小児科へ

Dsc00624


やはり皆同じときに体調を崩すようで、激混み

でも、待合室で知り合いのママさん2人にばったり。
話し相手がいたので、待ち時間もそんなに苦ではありませんでした

帰り道、スリングに入れて歩いていたら、ぐっすりと眠りに落ちたペー2。
お家に帰って、そのままお昼寝

起きたら熱も落ち着いて、すっかり元気になりました

お兄ちゃんのお迎えまでは時間があったので、お散歩に出ることに

来年から小学校に上がるペー1の通学路を、実際に歩いてみました。
歩いてみると、15分ぐらいの道のり。

こりゃ、1年生には歩くの大変そうだなぁ。

なんて独り言を言いながらうろうろしていたら、ママ友2人に遭遇
ちょっと立ち話を

立ち話を終え、家に帰る道すがら。
またしても知り合いのママさんにばったり

急いでいるようだったので、あいさつだけ。

そして、お迎えの時間まで、公園でひと遊び

Dsc00637

Dsc00650

仕事は進まなかったけれど、楽しい一日でした

Dsc00662
↑ペー2も楽しかったようです

熱もすっかりよくなりました

それにしても、こうして地域の知り合いが増えるのは素敵なことですね
今日だけでなく、自宅周辺を歩けば、いろんな人と顔を合わせ、あいさつを交わすことが多いです。
パパ友やママ友はもちろん、近所のおばちゃん、ヤクルトのお姉さん、宅急便のお兄さん etc...

学生時代もこの街に住んでいたのですが、あの頃はただ学校とバイトの往復だけで、家はただ寝るところ。
こんな地域社会があるってこと、考えもしなかったなぁ。

今思うと、あの頃は、この街に「住んで」いただけだったんだ。
でも今は、この街に「暮らし」ている。
子どもができてから、そんなことを実感できるようになりました

子どもは地域へのパスポートと言いますが、本当にそうですね。
これからも、地域とのつながり、大切にしていきたいです


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:67位」!!
今後とも、応援よろしくお願いします♪

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2012-09-15

大空は男のロマン!?

今日のBGMはこちら

懐かしいですよね


ある平日の朝。

いつも通り保育園の準備をしていたら、何やら黙々と作業を始めたペー1(5歳)。

Dsc09860
↑ウチワとハサミ、そしてテープで何をしているのかな?

ペー2(1歳2ヶ月)も興味津々。

Dsc09865
↑「おにいちゃん なにしてるのー?」

するとペー1、冗談か本気か―

「七夕のおねがいに鳥になりたいって書いたのに、いつまでたっても ならないんだもん」


いや、確かに、短冊には書いたけどさ・・・
これですよね。

Dsc09868
↑このときの記事はこちら

Dsc09868
↑そうこうしてる間に、両足に装着完了

立ちあがろうとして、、、

「パパ―、これじゃ歩けないや

えっとー、ペー1さん・・・?
それ、マジなんですか? ギャグなんですか?
もうとっくに9時過ぎてるんですけど。。。

そんなパパにはお構いなく、
「パパ、歩きにくいから足のウチワ外して。手だけで飛ぶからいいや」

・・・言われたとおり、外してやりました。
そして、両手にしっかりウチワを握りしめたペー1。
いよいよTake Offです !!

Dsc09877
↑力いっぱい羽ばたきます



が、飛べません。

「パパ―、どうして飛べないの?」

えっとー、さっきも聞いたけど、本気ですか? それとも冗談ですか?
その質問、マジメに答えた方がいい? と悩みつつ、

「羽ばたくのが遅いんじゃない?」

というと、

「そっか。よーし」



Dsc09879
↑バサバサバサバサッ

「やっぱり飛べないよ~」

しばらく考えた後、今度は、
「パパ―、ペー1のこと、後ろから持ち上げて。それからポーンって放して」

もはや考える気力も失せたので、
「あいよー」と私。

結果は・・・

ドスーン

Dsc09882
↑「どうして飛べないんだろ?」と、じっとウチワを見るペー1

考えた挙句、捻りだした答えが―

「わかった 滑走路がないからだ

えっと・・・、それ、すでに鳥じゃなくて飛行機になってますけど、自分で気が付いてます??

「よし、外でやってみよう

と、満面の笑みで言われちゃうとこっちも弱いんで・・・

「よし、じゃあ、外でやってみよう

ええ、そうですよ。親バカですよ

そして―

Dsc09888
↑滑走路を猛ダッシュ

そして今度こそ、大空へTake Off



な、わけないですよね

Dsc09893
↑「なんで飛べないんだろ?」と不満げ

結局その日は、保育園に着くまでに飛び立つことはできませんでした

とはいえ、ペー1の空への挑戦はまだ始まったばかり。
大空へのロマンは、今後も続く(?)のです

冗談でも本気でも、パパはいつでも付き合うからね
皆さんも、夢へ向かって奮闘するペー1に、温かいご声援を

ちなみにこの日、保育園に着いたのが10時過ぎだったことは、気にしないことにします

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:94位」!!
今後とも、応援よろしくお願いします♪

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2012-09-10

ルビー婚記念☆Family Reunion

今年は、両親の結婚40周年
(ルビー婚式と呼ぶそうです)

貸別荘を借りて家族で集合し、ルビー婚のお祝いをしました
英語で言うところの、Family Reunionです

(英辞郎によると、日本語では「家族親睦会」だそうです。あんまりピンと来ないけど

行き先は河口湖。

渋滞を避けるため、大月までは電車で、そこからはレンタカーの旅でした

Dsc09391
↑大好きなあずさに乗ってゴキゲンのペー1(5歳)

Dsc09388
↑すれ違う電車に興味津々のペー2(1歳2ヶ月)

Dsc09402
↑リニア見学センターに立ち寄ったりしながら―

Dsc09420
↑河口湖到着

Dsc09462
↑モリモリ歩くペー2と、なぜかベビーカーのペー1


そしていよいよ、コテージにチェックイン

Dsc09548
↑なかなか味のある(?)コテージでした


兄弟で買い出しをして、夕飯はもちろんBBQ

Dsc09529
↑こちらは付け合せの野菜たち


Dsc09699
↑リアカーを押す1歳児

Dsc09556
↑リアカーで弟を運ぶ兄

Dsc09545
↑リアカーで祖父を運ぼうとする孫

Dsc09563
↑夕飯後は仲良くお風呂

夕涼みに、シャボン玉。

Dsc09566
↑夜のシャボン玉、結構きれいでした


そしていよいよ、宴は夜の部に突入。
息子たち(私たち)から両親へ、プレゼントを贈呈しました

Dsc09634
↑40年もののワインと、名前入りワイングラスです

Dsc09627
↑コルクにも「1972」の刻印が

両親が歩んできた40年と同じ年月を経ているだけあって、味わい深いワインでした

いつか自分も、息子たちとこんな風に語り合う日が来るのかな。

そんなことを思いながら、夜は更けていったのでした

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:71位」!!
今後とも、応援よろしくお願いします♪

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2012-09-07

はじめてのゲラ

今日のBGMはこちら

すみません、ただのダジャレ。。。
でも、ゲラと聞くといつもこの曲が頭を流れるのです

-----------------

さて、水曜日は、出版社の方と、5度目の打ち合わせでした

そして、見てください
8月に脱稿した私の文章が、ついに、ゲラになって帰ってきたんです

(ゲラとは → Wilkipedia「校正」

Dsc09338

これまで必死に書いてきたものの、あまり本を出すという実感がわかず、いつもの翻訳作業と変わらない感じがしていました。
でも、いざこうやってゲラになって帰ってくると、いよいよ自分が本を出すんだなという実感がひしひし

とても、身の引き締まる思いです

出版社の方には、もうこの段階になったら推敲はやめて、あとは誤字脱字のチェックだけにした方がいいと言われました。
つまり、ほとんどこのまま、書店に並ぶってことですよね

いま、喉から心臓が飛び出るくらい、緊張しています
もう書いちゃったものだし、これから手を加えることも多分ないので、緊張しても仕方ないのは分かってるんですが、、、
でも、やっぱり緊張

まあ、何かを主張するわけではないお気楽な本なので、そんなに緊張する必要もないんでしょうけど

これからの流れを聞いたら、

来週には宣伝を開始。
9月中には校了予定。
装丁も同時進行。
そして、10月中には刊行

なんだそうです。

ここまで来たら、そんなスピード感でモノゴトが進むんですね

出版まであと1ヶ月とちょっと。
初めてのこの経験と緊張感を、楽しみたいと思います

特に、どんな装丁になるかがとっても楽しみです
出版社の方とイメージは共有できているので、必ずいいものになるはず

メモとして、これまでの経緯を、簡単に振り返っておきます。

1/29 江藤真規先生の出版セミナーに参加 → こちら
2月 ブログを読んだ知人から出版社を紹介してもらい、連絡を取る。
3/6 第1回打ち合わせ。企画書を持参 → こちら
3/23 第2回打ち合わせ。企画書をもとに、タイトルや構成のアイデアをいただく
4/14 江藤先生の第2回出版セミナーに参加。タイトルについてのアドバイスをいただく → こちら
4/27 第3回打ち合わせ。第2回のアドバイスをもとに、目次案を持参
5/23 第4回打ち合わせ。第3回で持参した目次案に対して、さらにアイデアをいただく。いよいよ書き始めることに
6/11 全然執筆の時間が取れず、納期を延長してもらう
7/18 執筆終わらず、半分ぐらいを分納
8/10 何とか脱稿
9/5 ついにゲラに!

初めての打ち合わせからもう半年かぁ。
長かったような、短かったような。。。

こちらは、最近めっきり出番が少ないペー2(1歳2ヶ月)。

第1回出版セミナーにも、第1回打ち合わせにも同席してくれました。
こうして本が出せるのも、ペー2のおかげ

Dsc09208
↑「パパ頑張れ~」と応援してくれています

引き続き、応援よろしくお願いします

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:81位」!!
今後とも、応援よろしくお願いします♪

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2012-09-04

僕らの家事ノウハウ ~ シュフ男子、家事を語る ~ でお話しさせていただきました!

今日は、所属するNPOファザーリングジャパンの講座、「僕らの家事ノウハウ ~シュフ男子、家事を語る~」で、お話しさせていただきました

チラシはこちら

48071_photo1
↑「収納・掃除」のムーチョさんによるイラスト入りです

講師は3人で、それぞれ「収納・掃除」「料理」「パートナーシップ」を担当しました。

シュフシュフと言っても、我が家はどちらかと言うと共働き世帯と同じような状況。
残念ながら、掃除のノウハウなど、細かいテクニックを教えることはできません。

でも、共働き世帯だからこそ重要になる「パートナーシップ」について、私の考えをお話しさせていただきました。

家事や育児の分担において、夫婦の間で生じてしまう擦れ違い。

「やってほしいのに気付いてくれない」

多くの奥さんが、そう思いながらストレスをため、最後には「男なんてそんなもの」とあきらめてしまっているのが現状ではないでしょうか。

はたしてそれは、性別の問題なのか?

逆転の家庭(いわゆるシュフ男子の家庭)では、「女性」である妻が、いろいろと気付いて家事をやってくれるものなのか? 
→ 答えはNO。多くのシュフ男子家庭においても、「妻が家事をやってくれない」という声が聞かれます。

では、気付かないフリをなくすにはどうしたらいいのか?

そんなアプローチで、お話しさせていただきました。

実は人前で30分も話すのは初めてのことだったので、反省点がたくさんありましたが、とりあえずは楽しかったので良しとしましょう

今回の反省は、(あれば)次回以降にフィードバックしたいと思います。

ママが出張中だったので、ペー1(5歳)を連れて参加したのですが、おおむねいい子にしていました。

Dsc09120
↑収納の講義を熱心に聴くペー1

(引き出しにラベル付けをすると定位置管理が徹底できるというお話でした)

そして、家に帰るなり、何やらもぞもぞと作業を始めたペー1。

「何をするのかな?」と見ていたら、こんなものを作っていたのでした

Dsc09202
↑できたよ~

Dsc09222
↑「あいスクりームのすプん」

収納の先生が話していたラベル付けを、さっそく実践したようです
子どもって、本当に大人の話をよく聞いてますよね

その後も、口癖のように「シュフだんし、シュフだんし」と繰り返しておりました
今回の講座、35歳児(私)にとっても、5歳児にとっても、いい経験になったようです。

また機会があったら、どんどんこういう場に子連れで参加していきたいです
引き続き、応援よろしくお願いします

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:62位」!!
今後とも、応援よろしくお願いします♪

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2012-09-02

青山こどもの城で、「子ども笑わせコンテスト」!! 2012

去年に引き続き、今年もこどもの城の「お父さんのあそび市」に参加してきましたよ

去年の記事はこちら

思えばあれが、参加者ではなく出展者側として参加した初めてのイベントでした。
ほとんど知り合いもおらず、名刺を持って挨拶して回ったのが昨日のことのようです。

あれから約10ヵ月、今年は参加していた数十名のうち、半分ぐらいが顔見知り
この約1年で、本当にいろんな出会いがあったことを意味します。

Kodomonoshiro
↑左が去年、右が今年

私は今年も、レノンパパから参加です。

出し物も、去年と同じ「子ども笑わせコンテスト」でした。

子どもに触らずに、変顔などをして、何秒で笑わせることができるかを競うイベントです。

Dsc08936
↑参加賞として、親子の缶バッジをプレゼント

去年にも増して、大盛況でした

去年の自分の日記を読んでいて、なるほどなぁと思ったことを抜粋

----------------
手段はいろいろあるけれど、人を笑顔にする仕事ってステキですよね。
これからも、何らかの形で、そういう仕事に携わっていきたいなぁと思いました。
(なんか小学生の作文みたいですね
----------------


我ながら、いいこと書いてるなぁと思って

ペー1(5歳)も、楽しんでいたようです

Dsc08890


Dsc08983

もちろん今年も、新しい出会いがたくさんありました。
新しくお会いした皆様、これからもどうぞよろしくお願いします

また来年が楽しみです

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:58位」!!
今後とも、応援よろしくお願いします♪

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »