フォト

Facebook いいね!

息子たち

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 保育園の保護者懇談会にて思う | トップページ | 遠足のお弁当作り♪ »

2012-05-17

保育園に向かって走れ!

今日のBGMはこちらsign05


「パパ何線? ペー1、こまちbullettrain

毎朝の登園時、お決まりのセリフです。

「おうちが東京で、保育園が秋田ね」

「はっしゃいたしま~すbell

そう言い残すと、一目散に走り出しますrun


Dsc03858

パパも負けていません。

3月までは、必ずペー2(現在10ヵ月)を抱えていましたが、
この4月から、ペー2が保育園に通い出し、送りをママがやってくれるので、まったくの手ぶらなのです。

思いっきり、走ることができますflair

「じゃあパパ、成田エクスプレスねhappy01

そして、2台の列車は、走り出しますtrain
保育園という終点に向けて。

もちろん、交差点ではきちんと停まります。
そこは、駅なんだそう。
停車して、左右を見て。

「はっしゃいたしまーすheart04

再び2台の列車は走り出すのです。

結果として、あっという間に保育園に到着します。
10分かかりません。

かつて「行きたくない」と言って、遠回りばかりしていたあの頃がウソのよう。
どこまでも付き合っていたので、保育園に着くまでに1時間半ぐらいかかっていた時期もありました。

あまりに時間がかかるので、自転車やベビーカーで連れて行こうと思ったことも多々あります。
でも、そうはせずに、自分の足で歩くことにこだわりました。

なぜなら、自分で歩いて行くということは、自分の意思で、目的地に向かっているのです。
誰にも強制されず、自らの意思で保育園に向かってほしい。

そう思って、何時間かかってもいいので、自分の足で向かわせました。

そして、あれから約1年。

毎朝、躊躇することもなく、自分の足で、自分の意思で、あっという間に保育園に向かって行く姿を見ると、目頭が熱くなりますcrying

本当に、成長したなぁ。。

もしかしたら、単にそういう年齢になっただけかもしれません。
あんなにまで付き合わなくても、5歳ぐらいになれば勝手に行くもの。
そういうことかもしれません。

でも、あの時代があったからこそ、今がある。
私はそう信じています。

「行きたくなかったら、パパがどこまでも付き合ってくれる」

そういう「こころの安全地帯」があるからこそ、毎朝進んで保育園に向かえるのです。

これからも、自分の足で歩くこと。
そこにこだわって行きたいと思いますbomb

引き続き、応援よろしくお願いしますnote


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。

現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:26位」!!
今後とも、応援よろしくお願いします♪

1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

(携帯モードからはカウントされないので、iphoneなどからは、PCモードに切り替えたうえで押していただけると、ひじょーに嬉しいです。わがまま言ってスミマセン!)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

« 保育園の保護者懇談会にて思う | トップページ | 遠足のお弁当作り♪ »

6_最近の子供たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1558288/45307007

この記事へのトラックバック一覧です: 保育園に向かって走れ!:

« 保育園の保護者懇談会にて思う | トップページ | 遠足のお弁当作り♪ »