フォト

Facebook いいね!

息子たち

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« おおたとしまささんの講座でハッピーに♪ | トップページ | 長男ガス抜きDAY2 : カムバック青春!!@アソボ~ノ »

2011-12-06

一枚の地図がくれた、あたたかい気持ち

前にも書いたように、次男が生まれてからずっと不安定な長男(4歳9ヶ月)。

朝の保育園でパパとバイバイできないで泣いたり

Dsc01766


パパのお膝で哺乳瓶でジュースを飲んだり

Dsc01629

こんなことも最初の数ヶ月だけ、と思ってすべて答えてきたのですが、もうかれこれ6ヶ月。
まったく改善の兆しが見えないばかりか、どんどんエスカレートしている気さえします。
対応する側にも疲れが。。

そんな中、ふとしたことから心がぽっかぽかに。
たまっていた疲れも、どこかに吹き飛んでしまう出来事がありました。

今日は、その出来事をご紹介します。
一緒にあたたかい気持ちになってもらえれば。

------------------

ある休日の午後。
長男が何やら引き出しをゴソゴソ。

「これなーにー?」
と、懐かしいものを取り出してきました。

それは、一枚の地図。
以前「東京ベビ連れ散歩」としてご紹介した、長男と私の東京お散歩マップです。
月齢5ヶ月ぐらいから13ヶ月で渡米するまで、毎日のように続けていました。

Dsc01930

「思えばこいつ(長男)とはいろんなところに行ったなぁ」と、地図を見ながらしみじみ。

そのことを伝え、「覚えてる?」と尋ねると、「ううん」と長男。
そこで、あの頃の写真を見せながら、当時の話を聞かせてやることにしました。

これは4ヶ月の頃の写真。

20070704_093728

「こうやって、パパの抱っこ紐に入って、いろーんなところに行ったんだよ」
「ほら見てごらん、こうやって、皇居の周りをぐる~っと歩いたり」
「花見の季節には、上野公園を散歩したり」
「真冬の不忍池では、池が凍ってて、鳥がその上をスーっスーって、スケートみたいに滑ってたり」

なんて話をしてたら、少しずつ思い出してきたのでしょうか。
すっとその場からいなくなると、今やすっかり次男のものとなっている抱っこ紐を持って、戻ってきました。

そして、私に手渡します。
私も、何も言わずにそれを装着。

そこに長男が、照れ臭そうに入り込んできました。


Dsc01957

「お話、つづけて」
「いいよ」

それからしばらく、長男が生まれたときの話や、育休中の話、アメリカに渡った頃の話など、いろんなことを話しました。
もちろん、抱っこ紐に入ったまま。

話は尽きません。
生後2ヶ月から、ずーっと一緒の時間を過ごしてきたんですから。
1つの話をすると、そこから芋づる式にいろんな記憶がよみがえります。

長男も、覚えているのかいないのか。
それは分かりませんが、優しい表情で、うなずきながら聞いています。

どれぐらいそうしていたのでしょう。
いつの間にか長男が静かになりました。

ふと見ると、とても幸せそうな表情ですやすや。
それを見る私も、同じぐらい幸せな表情だったことは間違いありません。

ぴったりくっついた体だけでなく、心までぽっかぽっかになった、とてもステキな時間でしたheart04
これで少しは、落ち着いてくれるといいな。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングに参加しています。
現在「主夫カテゴリ:1位」「家族カテゴリ:36位」!!

応援していただける方は、1日1回、下の「主夫」マークをクリックお願いします!!
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


« おおたとしまささんの講座でハッピーに♪ | トップページ | 長男ガス抜きDAY2 : カムバック青春!!@アソボ~ノ »

0_主夫のキモチ」カテゴリの記事

コメント

か、感動ですー!!!(感涙)
泣いてる写真も、哺乳瓶でジュースの写真も、抱っこ紐にでお話聞いてる写真も、全部胸がきゅーんとしちゃいます。
長男君、頑張ってますよね。ほんと。
うちも同じです。
我が身のこととなると、「もうっ!!」って思ってしまうこと多発なんですけど、このお話で考えさせられましたー。
もっと長女の気持ちに寄り添ってあげたいです☆

htymdさん、ありがとうございますー!!!

やっぱり長女ちゃんもがんばってますか。
気持ちはわかるので、なるべく対応するようにしてます。
でも、こんなに続くとは思ってなかったなぁ。正直。

僕も「もうっ!!」ってなることありますよ。しかたないですよね。ある程度は。こっちも人間だもの。

寄り添ってあげたい気持ちがあるだけで十分ですよね☆

子育てでしんどいことってたくさんありますが、心がほっこりするお話を読んで、改めて子どもときちんと向き合おうと思い直しました。
最近、雨の日に長女が傘をさしたがり「保育園に歩いて行く」と言うのですが、時間かかるのが嫌なので自転車で行ってしまっていました。ブログを読んで「時間のある育休中しかできない」と思い直し、昨日は歩いて行ったら、喜びつつ一生懸命に傘を握って歩いてくれました。
心暖まる文章、ありがとうございました。これからも適度に向き合って行けたらと思います。

育休中のSさん、先日はどうもありがとうございました! それぞれ個別になってしまいまいたが、楽しかったですね。またお会いできるのを楽しみにしています!

長女ちゃんの傘をさしたいという気持ち、かなえてあげられてよかったですね。子供の笑顔を見ると、ほんとにほっとしますよね。だから子育てってすばらしい。

こちらこそ、いつもお読みいただきありがとうございます! 「適度」に向き合うこと、大事ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1558288/43283641

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の地図がくれた、あたたかい気持ち:

« おおたとしまささんの講座でハッピーに♪ | トップページ | 長男ガス抜きDAY2 : カムバック青春!!@アソボ~ノ »