フォト

Facebook いいね!

息子たち

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 育児の極意? その2:泣きたいときは泣かせてOK! | トップページ | パパ友集合〜♪ ランチピクニック@井の頭公園 »

2011-09-28

育児の極意? その3:我が家のゴクイ

おととい昨日からのつづきです。

さて、以上2冊が、これまでに私が読んだ育児書です。

え? 少ないって?
まあ、兼業だから、いろいろやることがあるわけです。
許してくださいな。

果たしてこの数少ない本から、共通点を洗い出し、育児の極意にたどり着くことなんてできるのでしょうか。
疑問に思いつつ、とりあえず、それぞれの要点を並べてみます。

【それぞれの要点】
1冊目 毎日30分、1対1で向き合いましょう。そうすれば、信頼関係が得られます。
2冊目 泣きたいときには泣きたいだけ泣かせてあげましょう。そうすれば、信頼関係が得られます。

そう、どうやら育児においては、「信頼関係」というのがキーワードのようです。
ではその信頼関係を得るにはどうしたらいいか。

1冊目によると、1対1で真正面から相手に接すること。
2冊目によると、感情を素直に出させてあげること。

どうでしょう。
落ち着いて考えてみると、これって、大人同士の人間関係(恋愛や友情)と一緒じゃないですか?
正面から向き合うことも、感情を出させてあげることも、恋愛や友情だったら、ごくごく当たり前のことですよね。

つまり、子供だからって子供扱いすることなく、1人の人間として扱ってあげることが重要なのでは?
そう、1人の人間として見ることができたなら、後は人間として当たり前の接し方をするだけでいいのです。

だから、「子供を一人前の人間と見なし、人間同士の関係として、ごくごく当たり前のことを、面倒くさがらずにやる」ということが大切なような気がします。

ここで、「面倒くさがらずに」ってのがポイント。
人間って、誰も見てないと、ついついさぼってしまいがちですよね。
ましてや育児のほとんどは密室で行われるので、何をしていても誰にも知られることはありません。
そこを何とか、気持ちを強く持って「面倒くさがらない」を実践していくと、子供にとっていいんじゃないのかなぁ。

もちろんこれは、あくまでも理想論。
当然面倒くさいときはあります。しょっちゅうです。
でも、そんな時、そう考えてしまった自分を、冷静に批判する目を持っていれば、それでいいんじゃないでしょうかね。
「あー、またやっちゃった。ま、次は気を付けよう」ってね。

以上、まとめると、数少ない読書経験から私が至った育児のゴクイとは、
「面倒くさいを言い訳にしない」
でした!! 
(全くもって普通の結論ですみません!!)

そんなことをいつも考えながら、子供に接してます。
もちろん、テキトーにですけどね。

まだ実践途中ではありますが、これがその成果物たち。

304154_138095919622691_100002668504

今のところ、順調に育ってくれています!
(と思いたいsmile

【お願い】
ランキング2位との差がわずか数クリックに縮まっています!
やばいです。首位陥落の危機!!
更新のモチベーションにかかわってきます。
ぜひ、下の「主夫」マークをクリックしてください!!
(誰がクリックしたとかはわからない仕組みになっているのでご安心ください)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ブログランキングの「主夫」カテゴリーに参加しています。
おかげさまで現在第1位!! 引き続き、応援よろしくお願いします!
毎日1回、クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

« 育児の極意? その2:泣きたいときは泣かせてOK! | トップページ | パパ友集合〜♪ ランチピクニック@井の頭公園 »

8_我が家流? 育児のゴクイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1558288/42089618

この記事へのトラックバック一覧です: 育児の極意? その3:我が家のゴクイ:

« 育児の極意? その2:泣きたいときは泣かせてOK! | トップページ | パパ友集合〜♪ ランチピクニック@井の頭公園 »